スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺だってキレます。 

どちらかと言うと俺は全くキレません。


何かがない限りね。



だってキレて得することないし。


逆に心の中がモヤモヤして気分が悪くなります。



ちなみにキレると。



普段とのギャップが激しく怖いと友達に言われたことがあります。



だからなるべくキレないようにしてるんですが。



今日はキレましたね。


ホントに。



あれはホント許されないと思うし、許したくも無い出来事でした。





世界陸上(以下:世陸)やってるじゃないですか。


実はと言うと俺は中・高と陸上部でした。


もう辞めたんで過去形です。


大学でもやりたいと思います。


でもバドミントンもやりた・・・とそんな話じゃなくて。


だから普段早く寝る俺もこの期間だけは遅くまで起きてます。



今日の朝まですごく楽しみに見てました。


100・200mでT・ゲイ選手が2冠取ったり、800mでは横田選手が自己新出したり。


400mリレーでは日本がアジア新を出したり。


明日は何があるんだろうとワクワクしてました。



もちろん、その時間は受験生ということは忘れてます。



けど今日の朝、信じられないことが起こりました。



50km競歩。



フルマラソンより長い距離を歩いて競う競技です。


やったことはないけどこの暑さの中4時間近く歩くことができますか?


歩くことが好きな俺にもそんなことはできません。


そして競歩には2つのルールがあります。


?片方の足は必ず地面についている。

走ると両脚が浮くので、歩いたことにはならないためです。


?前に出した足は膝を伸ばしている。


体力は勿論、そこまで気をつけなければいけないので精神面でもきついと思われます。



1周2kmのコースを25周(?)歩きます。

(?←計算的には合ってるが、違うかもしれないため)



その競技に出場した山崎選手。


最初はメダル圏内のところにいましたが、途中で遅れてフラフラの状態。


3→4→5位と落ちていました。



前回の世陸では8位(?)入賞。


それも厳しいかなと思いましたが、それでも前に進んでいる。



途中で同じ日本勢に声を掛けられ息を吹き返す場面もありましたが。


やっぱりすぐに落ちてしまいます。



最後の方は普段と歩くスピードと変わりません。


それでも膝は曲げず、片方の足を地につけていました。


こんなときもルールを忘れずにいてたのがすごいと思います。



そして6位の選手に抜かれ6位に順位を落としたとき。





「嘘だろ、おい」って叫んでしまいました。




順位を落としたことに叫んだわけではありません。



抜かれた瞬間あと1周でした。



「ここまできたら、どんな順位でもいいからゴールしてくれ」と心の中で願っていました。


(フラフラな状態だが選手にとっては最後に「やめていい」と言う発言は失礼なので)






信じられない光景でした。





残り1週のはずなのにゴールへ誘導される山崎選手。


山崎選手を抜いた5位の選手は勿論残り1周で前を走っていました。



フラフラな状態で誘導されれば誰でもその方向に行きます。


「何やってんだ!!早く止めろよ!!!」と叫んだのは言うまでもありません。



それに気づいた役員の人もすぐ止めに走っていきました。



この分のロスは差し引いてくれるかどうか不安でした。



目を瞑り開けてみると山崎選手はそのままトラックの中を歩いていました。



「え、止めに行ったんじゃねーの!?」



誰にも止められないまま山崎選手はそのままゴール。



ゴールにはなりません。



棄権になります。






残り1周ちゃんと歩いてたら何位だったのだろうとか。


そんなことは思いませんでした。




ただ怒りが収まらず。


自分の机を殴った。


こんなくだらないことしかできない自分にも腹が立ちます。





↑感情をそのまま文にしてるため変になってると思いますが、最後まで読んでくれてありがとうございます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。